光豊胸・IBE光豊胸サロン情報館

スポンサードリンク

バストの構造:光豊胸、IBE光豊胸情報


バストアップをするためには、まずバストの仕組みを知る必要があります。

バストのほとんどは脂肪組織からできています。
脂肪の量が多いとバストも大きいということです。
バストの構造
バストの脂肪量は乳腺の発達の度合いによって決まります。
乳腺とは主に乳汁を分泌するための器官で、乳首の周りを囲んでいる「触るとグリグリする部分」のことです。

乳腺を発達させるには、女性ホルモンを充分に分泌させる必要があります。

何らかの原因で女性ホルモンの分泌バランスが乱れたり不足した場合、バストに脂肪が付かず大きくならないというわけです。



なぜ自分のバストは小さいのか?:光豊胸、IBE光豊胸情報


バストが小さい原因は何なのでしょう?
多くの女性が「遺伝」や「年齢」のせいだと、既にあきらめているようですが、そうではありません。

実は「バストが小さい」理由は生理学的に解明されています。
原因は女性ホルモンの分泌量が不足するからと言われています。

女性ホルモンとは、女性らしい身体をつくる上で重要なホルモンです。
排卵や月経など女性の生殖機能を維持させる機能をもっていて、主な女性ホルモンとして「エストロゲン」と「プロゲステロン」があげられます。

女性ホルモン分泌曲線

女性ホルモンは思春期から成人期にかけて分泌され、分泌量が多いほど女性らしい丸みを帯びた体になり、バストも大きくなりますが、『激しい運動』や『ストレス』、『偏食』などによって女性ホルモンのバランスが崩れ、バストの発育が妨げられることがあります。



理想的なバストとは?:光豊胸、IBE光豊胸情報


理想的なバストをあらわす指標として「黄金の正三角形」というものがあります。

これはバストが美しく見える条件として、鎖骨の中心から左右の乳首までの接点の距離が正三角形の状態に保たれていることが、バランスの良い胸の黄金比率とされています。

最も美しく見えるのは「一辺が16〜18cmの正三角形に収まっている状態」だそうです。

バストの形は一般的には以下の6種類に分類されますが、中でも理想とされているのが円錐型のバストで、バランスの良く膨らみがあるのが特徴です。


■皿型
トップとアンダーの高低差が最も小さい。

■円錐型
美しいふくらみがあり非常に均整のとれた形。いわゆるおわん型。

■半球型
ボールを半分に割ったような、均等に膨らみがある。

■釣鐘型
トップとアンダーの高低差が最も大きく量感に溢れている。

■下垂型@
基本は釣鐘型だが下側の一部が胸に触れた状態。

■下垂型A
下垂型1がさらに下垂した形で、トップバストの一部が極端に垂れている。


また、理想のバストサイズは  身長 × 0.53  とされています。



スポンサードリンク

Powered by Movable Type 3.2-ja-2 Copyright(C) 2006 光豊胸・IBE光豊胸サロン情報館 Allrights reserved.


北海道 札幌 青森 岩手 宮城 仙台 秋田 山形 福島 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 東京 神奈川 横浜 新潟 山梨 長野 富山 石川 福井 岐阜 静岡 愛知 名古屋 三重 滋賀
京都 大阪 兵庫 神戸 奈良 和歌山 鳥取 島根 岡山 倉敷 広島 山口 徳島 香川 愛媛 高知 福岡 小倉 北九州 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 沖縄 那覇の光豊胸